ニキビ跡が気になるあなたに!ここが重要

ニキビ跡とは?ニキビ跡を残さないケア方法

ニキビができると、傷ついた部分を修復しようと細胞が活発になります。その時、色素細胞が活性化するとニキビ部分に沈着してしまうのです。皮膚組織にダメージがあった時はクレーター状やケロイドになることもあります。これらの修復しようとして細胞が活発になるのを繰り返すとニキビ跡になってしまうのです。ニキビ跡を酷くしないためには、なるべく触らないといいでしょう。ニキビを潰す行為や何度も洗顔をするのは危険です。また、間違ったスキンケアを続けていると、健康な肌まで傷がついてしまいます。雑菌が繁殖している寝具や洗顔用具もニキビを悪化させる原因です。生活用品も清潔にすることで、ニキビ跡を酷くしない対策になるでしょう。

ニキビ跡を改善するためには

ニキビ跡を改善するためには、症状によって合う方法を見つけることが大切です。症状には色素沈着やクレーター状など様々なので、原因に合った方法で対策しましょう。まず、ビタミンC誘導体などの皮脂分泌を抑える化粧水を使います。コラーゲンの生成を促し、肌の凹凸を整えるのです。色素沈着へのアプローチもあるので、ニキビ跡の色味や凹凸を改善するでしょう。ニキビ跡ができている肌はターンオーバーが正常でない可能性があります。その場合、古い角質が残っているため有効成分を取り入れても浸透しにくいです。そこで、ピーリングなどで不要な角質を取るケアがあります。これは、肌の新陳代謝を上げるのに効果的な方法です。凹凸が多い場合は、レーザー治療を受けるのもいいでしょう。肌の血行促進をして新陳代謝を高めてくれます。